プロフィール

sai10

Author:sai10
花の写真を中心に、気ままに撮った写真を載せていきます。
【居住地】
愛知県
【好きなこと】
写真撮影(進歩が見られません^^;)
サイクリング(というよりポタリングです)
ランニング(歩いているのと変わりません)
読書(睡眠薬代わりです)
【使用機材】
Canon EOS Kiss X2(使い続けています)
Canon PowerShot S95(スナップ用です)

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ

2015.11.23    カテゴリ:  風景 

   紅葉サイクリング ~ 愛知県民の森

連休の真ん中、天気予報は曇りでしたが、
サイクリングを兼ねて愛知県民の森へ紅葉の撮影に行ってきました。

国道151号を飯田・東栄方面へ。
今年最後の三連休ということで、いつもより多くの車が横を通り過ぎていきます。

県民の森の約4km手前にある湯谷温泉の駐車場に立ち寄って休憩。
湯谷温泉の大駐車場は鳳来寺山への入り口になっています。
紅葉だけでなく温泉スタンドや足湯もあり、多くの車が立ち寄っていました。
IMG_7813.jpg


青葉に紅葉したモミジを重ねてみました。
IMG_7811.jpg


うす曇りの空に透かして見るとモミジの赤がとても綺麗です。
IMG_7818.jpg


太い幹に小さなハートが並んでいました。
IMG_7830.jpg


四季咲きの桜かそれとも暖かくてぼけたのか、桜がピンクの花を付けていました。
IMG_7846.jpg


ここからは愛知県民の森です。

湯谷温泉を後にして再びR151を北に向かい愛知県民の森の入り口に到着。
お巡りさんが見ていないので道路の真ん中で記念撮影です ^^;
IMG_7855.jpg


駐車場へ向かう道路沿いの木が真っ赤に色づいていました。
IMG_7897.jpg


時折秋の日差しが差し込むと、赤と黄に色づいた葉が透けて美しく輝きます。
IMG_7906.jpg


キャンプ場内の雨天催事場”杉の木センター”です。
格子枠越しに紅葉を眺めました。
IMG_7918.jpg


玉ボケを背景にしたドウダンツツジです。
IMG_7927.jpg


園地を奥へと向かいます。
IMG_7938.jpg


紅葉のトンネルと絨毯です。
IMG_7931.jpg


枯れ枝に少し残った紅葉を見上げた時、秋も終わりに近づいていることを感じました。
IMG_7930.jpg

愛知県民の森の紅葉はピークを過ぎていました。
聞いたところでは、今年は暖かいため例年に比べ色づきが悪かったようです。

スポンサーサイト
愛知県民の森へ紅葉を撮りに行かれましたか!!
良かったですね。
今年は、京都も紅葉が全然ダメだと言っていました。
関東は、どうなのか?私はまだ紅葉の撮影に行っていないですが・・・。

青葉に赤い紅葉が目立ちますね。
色々な紅葉の切り取り方をされていますね。
2枚目の紅葉の撮り方,素晴らしいですね!!
花々もそうですが、紅葉も直射日光でない方が良いと思いますね。

格子枠の紅葉も意表をついていますよね。
素敵!!
ラスト、白地にオレンジの紅葉、着物の柄のようで、綺麗ですね!!

紅葉を楽しませて頂き、有難うございました(^-^)

梅サクラさん、コメントありがとうございます。

今年の京都の紅葉の悪さはいろいろなところで耳にします。
行く予定はないのですが、なんとなく寂しさを感じてしまいます。
茶臼山もそうでしたが、県民の森もきれいに色付いた木が少なくて、
撮影する木を探すのに苦労しました。

紅葉の切り取りは茶臼山と同じにならないように考えました。
この日は時折薄日が差す天気でしたが、紅葉も逆光気味か薄曇りの日がいいですよね。
濡れるのを気にしなければ、雨降りの日もしっとりしていていいと思います。

格子枠越しの紅葉は影を含めて力を入れて撮ったので、褒めてもらえて嬉しいです。
最後の写真、残った葉が少なかったものの、きれいな葉ばかりだったのでラッキーでした。

これから紅葉が平地に降りてくるので、できたらもう一度くらいは撮りに行きたいと思っています。
サクラさんもぜひ紅葉を撮ってくださいね ^^
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2016.01.06 13:25  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます








Copyright © 気ままなフォトブック All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog