プロフィール

sai10

Author:sai10
花の写真を中心に、気ままに撮った写真を載せていきます。
【居住地】
愛知県
【好きなこと】
写真撮影(進歩が見られません^^;)
サイクリング(というよりポタリングです)
ランニング(歩いているのと変わりません)
読書(睡眠薬代わりです)
【使用機材】
Canon EOS Kiss X2(使い続けています)
Canon PowerShot S95(スナップ用です)

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ

2017.04.11    カテゴリ:   

   春満開 ~ 浜松フラワーパーク

なかなか進まない季節のなかでようやく桜の満開を迎えた週末、
雨上りの日曜日の午後に浜松フラワーパークに撮影に行ってきました。

花曇りの午後の空の下、
園内は桜が満開になるのを待ち望んでいた多くの人で賑わっていました。


IMG_0522.jpg
(1) 池のほとりの満開の桜の下、みんな思い思いの春を楽しんでいるようです。


IMG_3120.jpg
(2) 土手の桜の大木の下では家族連れがくつろいでいました。


IMG_3140.jpg
(3) こんな桜の風景も、なんとなく春らしい・・・


IMG_3205.jpg
(4) チューリップと桜のコラボレーション。


IMG_3105.jpg
(5) 見事な桜の花束???


IMG_3114.jpg
(6) 名前は不明ですが、ピンクがほんのり差した花弁がとても美しいサクラです。


IMG_3187.jpg
(7) ”黒田百年桜” 一重と八重が混じって咲く珍しいヤマザクラだそうです。


IMG_3208.jpg
(8) 柔らかそうな白い花弁が目を引いた桜。”覚証院”という名札が付いていました。


IMG_3182.jpg
(9) ここからはツバキです。ごく普通のツバキですが、花弁の”赤”が何とも妖艶でした。


IMG_3136.jpg
(10) ピンクに白の覆輪が美しい八重咲のツバキでした。


浜松フラワーパークには500本のソメイヨシノのほかにもいろいろな枝垂れ桜や八重桜が植えられています。
それらが見事に咲き競っていて、満開の春を存分に楽しむことができました。

スポンサーサイト

2017.04.02    カテゴリ:   

   儚き春 ~ カタクリ山

スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral) 「春の儚きもの」「春の短い命」、転じて「春の妖精」。
カタクリのように春先に花、夏までは葉をつけ、あとは地下で過ごす一連の草花をいいます。

今年は開花が遅いようで、まだ間に合いそうだったので撮影に行ってきました。
家からは約10キロのサイクリング、近場なのでリュックの中に望遠とマクロレンズとミニ三脚を入れました。
今回も、前ボケや時折差し込む日差しや水滴を活かした玉ボケ満載の写真が中心です。


IMG_2926.jpg
(1) 栗の木の根元で」咲いていた一株です。この日は明け方まで雨が降っていて、まだ全身に水滴を纏っていました。



IMG_2967.jpg
(2) 北西向きの斜面一面に「春の妖精」が植えられていて、日が当たると花が開き始めます。



IMG_2906.jpg
(3) 早い時間はまだ蕾が多く、開き始めた花弁の反り方にも初々しさを感じます。



IMG_2954.jpg
(4) 午前中の早い時間は、このような花弁が反り返ったカタクリらしい花はまだ僅かです。



IMG_2960.jpg
(5) まだ葉に付いて残っていた水滴がたくさんの玉ボケを作ってくれました。



IMG_2969.jpg
(6) 周りを大きくぼかすと幻想的で妖精っぽくなります。



IMG_2975_2017040216264790e.jpg
(7) 逆光に透かすと花弁奥の模様が浮かび上がります。



IMG_3059.jpg
(8) 太めの木の幹を背景にぼかしてみました。



IMG_3079.jpg
(9) この写真は、いいカメラを持った人(上手い人)が下にレフ板を置いて撮っていたので、ちゃっかり後ろから撮ったもの。
  光が下から差し込んで花色が柔らかくなっているのが分かります。(勉強、勉強・・・^^;)



IMG_3031_20170402162648370.jpg
(10) 最後だけカタクリでなくツバキを載せました。
  カタクリ山裏の大福寺に植わっている樹齢350年の五色椿(オトメツバキ)です。


昨年、ここカタクリ山に来たのは3月21日だったので、今年は10日ほど遅いように思えます。
今週は暖かくなるようなので、次の週末は桜が満開になりそうです ^^

2017.03.21    カテゴリ:  風景 

   春の風を ~ 伊良湖岬サイクリング

早春の風を感じたくて、渥美半島を自転車で一周してきました。
ただ、この日は北西の風が7~9mの強風予報です。
伊良湖岬へ着くまでの50kmは強風に向かって走り続ける羽目になりました ^^;


IMG_0448_20170320230505adc.jpg
(1) 最初に訪れた太平洋ロングビーチ、サーフィンのメッカです。
  この日も大会を開催され、多くのサーファーで賑わってしていました。
 


IMG_0450.jpg
(2) トイレ休憩に、道の駅「あかばねロコステーション」に寄りました。
  最近、田原市の観光スポットにはこのような自転車ラックが整備されていて、ロードバイクにはとても便利です。
  ちなみに右が自分の愛車、左は値段がその3倍以上はすると思われる高級車。真ん中は???


IMG_0457.jpg
(3) 田原市は菜の花を観光資源の一つにしているので、半島のいたるところで菜の花を見ることができます。
  ここはその中でも最大の「伊良湖菜の花ガーデン」。3本の椰子をポイントに撮りました。


IMG_0461.jpg
(4) 同じく菜の花ガーデンの散策路。多くの観光客で賑わっています。



IMG_0479.jpg
(5) 伊良湖岬の観光スポット「日出の石門」(左側の岩)を横から眺めたところ。
  向こうに霞んで見えるのは「神島」、三島由紀夫の『潮騒』の舞台になったことで有名です。
 

IMG_0483.jpg
(6) 渥美半島観光の鉄板、伊良湖岬灯台です。
  「日本の灯台50選」にも選ばれている白亜の美しい灯台です。



IMG_0437.jpg
(7) 花のアップがないのはやはり寂しいので、ロングビーチ入り口に咲いていた「寒椿」を。
  花言葉は「申し分のない美しさ」。寒い冬から耐えながら可憐な花を咲かせ続けています。


今回は走りを中心にしたかったので、重い一眼レフは家に置き軽めのCANON EOS M2 を携行しました。
レンズは標準ズーム、取り回しは良いのですが少し物足りなさも・・・。


2017.03.13    カテゴリ:   

   浅春の奥三河 ~ 梅の里

3月も中旬、春が遅い奥三河でも梅の便りが聞こえて来ます。
新城で梅といえば川売(かおれ)の「梅の里」が有名。久しぶりにサイクリングを兼ねて撮影に出かけました。

川売に向かう途中の県道32号沿いに木下梅園があります。
名前のとおり木下さんという方が個人で育てて、素晴らしい梅園を無料で開放しています。
枝垂れ梅をはじめ7種90本が植えられており、見頃を迎えるこの時期には多くの人が訪れます。

IMG_2840.jpg
道路を走っていると、山と青空を背景に色とりどりの枝垂れ梅が目を引きます。
ただ、杉の木が茶色に変わってきているのが花粉症の自分には気になるところです ^^;


IMG_2807.jpg
木下梅園の梅花は良く手が入っていて、どの木もとても綺麗な花を狭咲かせています。


IMG_2829_20170312223420b5a.jpg
枝垂れ梅ではないのですが、上品な白い花が目を引きました。


IMG_2823.jpg
ここには梅以外にもこの季節の木の花が楽しめます。
黄色の花を咲かせるサンシュユはまだ蕾ですが、春の光に輝いていました。


IMG_2811.jpg
同じく黄色の花のミツマタも趣に富んだ春の花木です。


入口付近に居た木下さんに花を見せていただいたお礼を言って、川売に向かいました。
「梅の里」川売には南高梅をはじめ7品種、約1500本の梅が植られているそうです。
見頃はもう少し先のようですが、こちらも多くの人で賑わっていました。

IMG_2843.jpg
山間の傾斜地一面に植えられた梅は白い花を咲かせて、幻想的な風景を作り出していました。


IMG_2876.jpg
山を背景に清楚な白い梅を写しました。枝には花がいっぱいついていて、多くの実が取れそうです。


IMG_2862.jpg
所々に植えられた濃いピンクの梅は、白い花の中にあって一層鮮やかに見えました。


IMG_2868.jpg
梅が咲く斜面で小さな子供たちが楽しそうに遊ぶ風景を見ていると、ほのぼのとした気分になります。


IMG_2860_20170313195058a63.jpg
農家の庭先に植えられた椿です。赤に白い筋が入った小さな花が目に留まりました。
椿の花言葉は「控えめな優しさ」。まさにそのとおりの花でした ^^

このところ仕事などでだいぶ気が滅入っていました。
まだ冷たい風を切って遠くまで走ってきた甲斐があり、何か吹っ切れた気持ちになれました。
これで杉の花粉が舞っていなければ最高だったのですが・・・^^;



2017.02.12    カテゴリ:   

   春はそこまで ~ 浜松フラワーパーク

2月に入っても相変わらず寒い日が続いています。
少しでも春を感じたくて、今回は浜松フラワーパークに梅の写真を撮りに行ってきました。

IMG_2761.jpg
(1) 青空を映した水面にピンクの梅がよく映えていました。


IMG_2711.jpg
(2) 柔らかく光が差し込んだ梅の花弁がとても綺麗でした。


IMG_2724.jpg
(3) 清楚な白梅は暗めの背景も合うようです。


IMG_2785.jpg
(4) 日本水仙もこの季節には欠かせない花のひとつです。


IMG_0423.jpg
(5) 見上げた冬の空は青く澄んでいました。


IMG_0420.jpg
(6) ちょっと趣向を変えて、池の煌めきにカエデの実を透かしたみました。

この季節、まだ花は少ないのですが、
こうして外に出ると春が近づいているのが分かり楽しくなります ^^


Copyright © 気ままなフォトブック All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog